千鳥ヶ淵の桜

DSCN6953

DSCN6957

DSCN6960

DSCN6907

DSCN6909

DSCN6920

日本一だと思う千鳥ヶ淵の桜。人から見れば”アホちゃうの”というぐらい桜が好きで、毎年千鳥ヶ淵の桜がベストなコンディションだなと思う時に仕事をサボってでも見に行くようにしている。10年程前に”なんなんこの綺麗な桜は”と衝撃を受けて以来、それをまた見たく毎年通っているのだけれど、ここ数年は”あれ、残念だな”と思う事が多く、桜を管理している人にその事を聞いてみると”この桜も67歳で老化が進み、以前はそんな事がなかったのがスズメが三分咲きぐらいの時に蜜を食べてしまい花が咲かないんです”と。そうかそう言う事か。それでも充分以上に綺麗な桜なんだけれど、衝撃を受けるぐらいなベストな桜を見てしまったもので。。。。。。 さて、どうする?これ以上に綺麗な桜を見るのが不可能だと知ってしまった僕は、ベストな桜を求めて日本全国を探すのか?それとも現状の千鳥ヶ淵の充分綺麗な桜で満足するのか?多分、正解は今の桜で満足するのが幸せなんだろう。欲張りな僕は”でも”と思ってしまう。幸せになれんなこれでは。

2018年3月27日 blog