Monthly Archives: 10月 2016

八甲田山から十和田湖にかけての紅葉

DSCN6045

DSCN6026

DSCN6028

DSCN6036

DSCN6043ああ、今年も遅かった、残念。自然が相手だから遠い東京に住んでいる者にとり紅葉に合わせて出張を組むなんて不可能。でも、息をのむ程の信じられない美しい紅葉に4年前に此処で偶然出会って以来、また見たいという気持ちが強く東北への出張は毎年10月末と決めている。作物の収穫の季節でもあるし。親の仕事の都合で子供の時に家族旅行にあまり連れて行って貰った事がない自分は、会社員になった時に”出張”という言葉に心を躍らせ、出張先で仕事を終わらせた後の週末に自費で色んな処に行き色んなモノを見たり、情報が集まったり、色んないいお店達に出会い、色んな人に出会った事が、いま思えば今の仕事の糧となっている。なのでスタッフ達にもそんな経験をしてもらいたく出張で鹿児島に行くのなら”桜島は見いいや絶対、桜島の存在感は凄いから、丸一でとんかつ食べや、全然違うからそれもカウンターに座って主人の話しを聞きながらやで”とか勧めるんだけれど、それがお節介になっているような気がする今日この頃の自分。黙っていたほうが良いのかなとか?と思う。まあ僕は基本お節介おじさん。でも人はそれぞれ違う。

自然の景色が”ほんま最高やな”って感じれる最高な瞬間ってそうそう簡単には出会えないものだと思う、何度も行っているのに。でもその景色が忘れられずもう一度見たい気持ちが強く飽きもせず通ってしまう。弘前城の桜はやはり違うらしい。なぜなら桜はりんごと同じバラ科の植物で、弘前城の桜はりんご農家の精鋭がりんごの木のように背を低く横に広げるように剪定をするからと、弘前城の前にあるバーで聞いた。多分僕は来年の春は仕事を作り弘前に行くだろう。そのような環境を作れる仕事をしている自分は幸せなんだろう。

2016年10月31日 山本