Monthly Archives: 6月 2010

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

急に元気をもらえる映画が観たくなり、夜中のTUTAYAへ。
写真家”アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生”をなぜだか手に取りレジへ。
すばらしいかった。
確かこの映画を数年前に劇場に観に行ったよなと、観ている間に思い出したのですがまったく憶えてなく、その時はいいとは思わなかったのでしょう。
なぜでしょう?

昨日落ち込む事があったから?
先週のカタログの撮影で素晴らしい写真を撮ってもらったから?

先日の朝日新聞に、安藤忠雄さんが、”本を三回読んで、読むたびに毎回アンダーラインを引く所が違う。自分の関心が変わっているのに気づく”とありました。
昔読んだ、松山猛氏の本にも、”石ころひとつあれば人生楽しく過ごせる””その時その時で石ころを見る目が変わる”と言った人の事が書いていたのを思い出しました。

音楽もそうです。最初聴いた時には何も感じなかったものが、後日すばらしいと。

やはり自分自身ですね何事も。

アメリカ版『ヴォーグ』の編集長を務めるアナ・ウィンターの、雑誌が出来るまでのドキュメンタリー映画”ファッションが教えてくれること”(なんとダサイ邦題)もすばらしい映画でした。

”もの”を作る人にはこの2作品はすばらしいと感じるのでは。

2010年6月20日 journal

大変だけど楽しい時間

次回カタログ撮影に、一泊で九十九里浜にある蓮沼海浜公園のプールをお借りし、行って来ました。
前日の大雨&梅雨入り宣言にもかかわらず、撮影メンバーのだれかが幸運を持っていたとしか言いようがない快晴の中で撮影が始まりました。
毎回ですが、撮影をお願いしている堀君の”すばらしいセンス”と”すばらし過ぎる目”に感謝感謝です。
堀君がいなければ、カタログもHPもけっして出来ません、本当に感謝です。

堀 清英 ホームページ
www.kiyohidehori.com

2010年6月16日 journal